FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

フリーダム。

51xTxlN8jaL__SL500_AA300_.jpg

晴れ。ジョナサン フランゼン「フリーダム」読了。

物語の吸引力が本当に物凄かった。

一つの家族とその周辺の人たちの物語であると同時に

湾岸戦争~9.11以降のアメリカが抱え込む多くの問題を浮き彫りにする作品。

そこにはタイトルでもある「自由」が様々な形で問われ続ける。


どんなに善く生きようとしても人間は不完全であるから

時として人を傷つけたり、傷つけられながら生きなければならず

更に現代のシステムの中で翻弄されながらも

日々を暮らしていかなければならない。

なぜならそこには個人個人に守るべきもの、守られるべきものがあるから。


時として人生は優しくなく失意の中で過ごすしかないが、

その中で如何にして再生をしていくか…。

自分がこの作品で強く心に響いたのはこのような根源的な問題を

実に丁寧に強い説得力を持って描ききっていたからだ。


あと個人的にはUSにおけるオルタナ世代からゼロ年代世代とのギャップ、

この辺の音楽シーンの変化も物語の中で少し描かれてたのが興味深かったり。

ただいつも現代アメリカ作家の作品読んで思うのは

アメリカ人における宗教的な観点をより理解してたら

さらに物語を深く理解できるのに…と思ってしまう。


追記:昨年クリスマスに家内が作ってくれたブックカヴァーの裏地が

様々な鳥のデッサン画なのだが、まさにこの本の内容とシンクロして嬉しくなった。

この本と出会うことの啓示みたくて。

2013.03.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

lem

Author:lem
タナカゴロウと申します。lem名義で緩くトロニカよりな音楽などを作ったりしています。福岡在住。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。