スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

もう3月。

IMG_4100.jpg

雨。もう3月。

ここ最近研修会も多く仕事関係がバタバタ。

最近はこども寝かしつける際ほぼ一緒に寝てしまい深夜に目覚め歯磨く事多し。

そんな合間に先月読んだ2冊。

ポール・オースターの新刊「写字室の旅」とロバート・ クーヴァー「ユニヴァーサル野球協会」。

共に己が創造した物語に取り込まれていく老いた主人公が描かれているという。

偶然なんだけど共通した部分が多々あって読んでみて驚く。

「ユニバーサル」は虚構と現実の境目があいまいになり寓話性が高くなる流れが

何とも面白く引き込まれていった。何よりユーモアに溢れてる。

「写字室」は寓話の中で作家として老いたオースターが

過去の彼の描いた登場人物たちと出会うという…。

ともに物語という虚構の世界を描くことによって

物語の持つ力で現実を生きる事へと繋がってたり。

それは大きな一つのテーマとして

ある意味「作家として書く事」なのだと改めて思った。

本書でオースター作品で1番好きな「ムーンパレス」のフォッグが

オースターにとっても身近で大事な登場人物として

少しだけ登場してて嬉しかった。

2014.03.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

lem

Author:lem
タナカゴロウと申します。lem名義で緩くトロニカよりな音楽などを作ったりしています。福岡在住。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。